よくある質問

消防設備点検等に関する質問と回答

質問消火設備とはどのようなものですか?
質問水あるいはその他の消火剤を用いて消火を行う機械器具及び設備のことです。初期消火設備と消防隊使用設備に大別されます。
質問消防点検とどのような点検をするのですか?
質問消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければなりません。
日頃の維持管理が十分に行われることが必要なのです。消防法では消防用設備等の点検・報告ばかりではなく、整備を含め適正な維持管理を行うことを防火対象物の関係者に義務付けています。
質問消防設備点検は、どの程度のサイクルで実施すればよいのですか?
質問消防設備等の点検は年2回以上(機器点検6ヶ月・総合点検12ヶ月に1回)有資格者が行い、その結果を「消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書」にまとめ所轄の消防長又は消防署長に報告します。
質問点検にはどれくらい時間がかかりますか?
質問付いてる設備・建物の大きさにより異なりますので、ご依頼の際にご確認ください。
質問防火対象物点検と消防設備点検とはどう違うのですか?
質問防火対象物点検は、指定された特定用途防火対象物に於いて、防災面から見た運営管理が適切に行われているかどうかを、その防火対象物の権原者ごとに毎年1回、点検・報告する制度で、消防用設備の点検とは別のものです。該当する防火対象物は、両方の点検報告義務があります。
質問築年数によって、消防設備及び点検内容が違ってきますか?
質問設備により、屋内消火栓・屋外消火栓・連結送水管設備等のホース・配管は設置より10年経過したものに対しては、3年に1回耐圧試験を要します。
質問消防設備点検を怠ると、どのような罰則となるのでしょう?
質問消防法第44条7の3により、罰金30万円以下・拘留となります。
質問防火対象物の点検は床面積で決められるのですか?
質問床面積ではありません。防火対象物点検のページをご覧ください。
質問小さな建物ですが、消防設備点検はしてくれますか?
質問お受け致します。御遠慮なくお申し付けください。
質問消防設備点検の御見積りを依頼する場合、下見はしていただけますか?
また、その際、料金は掛かりますか?
質問現場調査・お見積もりは、無料にて行います。
質問営業範囲はどの地域までですか?
質問千葉・東京・埼玉・神奈川を範囲として営業しております。

消火器等に関する質問と回答

質問消火器は何年ぐらいで交換する必要がありますか?
質問薬剤は5年・消火器本体容器は8年です。
質問消火器を廃棄するにはどうしたらよいのですか
質問料金はかかりますが、当社でお預かり出来ます。